INDEX » 怪しい » ディープスポット » エリア51近くの不気味な丘陵群とネバダ核実験場 [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



エリア51近くの不気味な丘陵群とネバダ核実験場 [スポット]



大きな地図で見る

 

アメリカ合衆国ネバダ州アラモに位置する丘陵群。

UFOやオカルトマニアに名高いエリア51の北側数キロにわたり月面のような風景が広がっている。

その正体は「ネバダ核実験場(WIKI:ネバダ核実験場 )」の地下核実験の痕跡。別名「ネバダ・テストサイト」。

衛星写真で周辺を見ると地下核実験の為に 不自然に隆起した地形 と、植物の生えない荒涼とした大地が確認できる。

 

 

1963年に行われたストラックス(Storax)作戦では、104キロトンの核爆弾を地上で炸裂させる"大気圏内核実験"が行われ、その時に生じた 通称セダン・クレーター(直径390m深さ100m) がはっきりと残っている。

実験が開始された1951年から、地下核実験が禁止されるまでの1992年までの間に、地下核実験825回大気圏内核実験100回が実地され、現在も臨界前核実験(WIKI:臨界前核実験)が依然として行われている。

INDEX » 怪しい » ディープスポット » エリア51近くの不気味な丘陵群とネバダ核実験場 [スポット]