INDEX » 怪しい » 廃墟・廃村・集落 » 沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]



大きな地図で見る

 

沖縄県糸満市大度1010に位置するレジャーランド跡地。メキシコサボテン公園「サラバンダ」。

岩崎産業(WIKI:岩崎産業)の経営で、1993年(平成5年)にオープン。園内には、園内にはメキシコの建物である「パティオ」の他、ショッピング店、子供達のためのミニチュア列車、メキシコ直輸入の柱サボテンなどが15万本、800種類がぎっしり植えられた。

しかし、開業当時から客足は伸びず、外資系企業への売却交渉にも失敗し1999年9月に休園となった。

 

 

テーマパーク跡地には、広さ約五万坪の広大な敷地と建築物、サボテン(笑)、車両、遊具などが現在もそのままの姿で放置されている。
日本+沖縄+メキシコというリミックス的なビジュアルの廃墟が何故か日本国外でウケており、「Michael John Grist」という海外廃墟サイトのOkinawa’s cactus parksで、廃墟となった園内のフォトレポートが紹介されている

INDEX » 怪しい » 廃墟・廃村・集落 » 沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]