INDEX » 怪しい » 廃墟・廃村・集落 » 長崎の戦跡廃墟 川棚魚雷試験場跡 [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



長崎の戦跡廃墟 川棚魚雷試験場跡 [スポット]



大きな地図で見る

 

長崎県東彼杵郡川棚町三越郷。大村湾に突き出た半島"片島"に位置する魚雷発射試験場の廃墟。別称「片島魚雷」。

1886年(明治19年)に佐世保浦が軍港に指定され、佐世保海軍工廠(させぼかいぐんこうしょう/WIKI:佐世保海軍工廠)を開設。

佐世保海軍工廠は、大和型戦艦(やまとがたせんかん/WIKI:大和型戦艦)の整備専用の大規模ドック(第七ドック/1941年、昭和16年完成)を備えていたが、大和型戦艦の「大和」「武蔵」「信濃」の内、武蔵が一度入渠したのみ。

 

 

上記工廠で製造された魚雷を試験発射するための施設が、グーグルマップの「魚形水雷発射試験場」。
現在の片島は陸続きだが、1942年(昭和17年)に試験場の規模を拡張する際、埋め立てられたもので元は島だった。

グーグルマップ場のスポットには、魚雷収蔵施設試験棟発射監視所 などの写真が投稿されている。


JR川棚駅からタクシーで15分、廃墟とその周辺は管理・一般公開されている。

魚雷発射監視所や試験棟部分での「海釣り」客も多い。

INDEX » 怪しい » 廃墟・廃村・集落 » 長崎の戦跡廃墟 川棚魚雷試験場跡 [スポット]