INDEX » 面白い » 世界の遺跡・遺産 » 失われた宗教都市 チャコキャニオン [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



失われた宗教都市 チャコキャニオン [スポット]



大きな地図で見る

 

アメリカ合衆国ニューメキシコ州ニューメキシコ州北西部にある、集落群の跡。チャコキャニオン(Chaco Canyon)。現在はユネスコ世界遺産として「チャコ文化国立歴史公園」として管理されている。(WIKI:チャコキャニオン )

プエブロインディアン"アナサジ族"が西暦900年らら1150年に築いた。同族の築いた遺跡としてコロラド州南西部に位置するメサ・ヴェルデ遺跡が有名(WIKI:メサヴェルデ)。

上記マップは、大きな半円形プランの上に建設された「プエブロ・ボニート」。800もの個室と、地下礼拝所「キヴァ」が36か所が点在しており、ネイティブアメリカンの原始的宗教施設と礼拝者の住居であったとされている。
11世紀に最盛期を迎えたが、プエブロインディアンがリトル・コロラド川、リオ・プエルコ川、リオ・グランデ川沿いに移り住んだ為、13世紀には消滅した。

プエブロインディアンはトウモロコシの栽培(農業)のみで定住するインディアンであり、ナバホ族、コマンチ族、アパッチ族などの略奪部族と対立関係にあった。

周囲には様々な角度から撮影された遺跡の スポット投稿 を楽しむ事が出来る。

INDEX » 面白い » 世界の遺跡・遺産 » 失われた宗教都市 チャコキャニオン [スポット]