INDEX » 面白い » 建物・物体 » モーリタニアの海岸に放置された日本製の幽霊船 [スポット]

東北関東大震災・放射性物質モニタリングポスト&全国の放射能濃度一覧[マップ]


山梨県の廃墟 謎の巨大地下金庫「三洋証券洗心寮跡」[スポット]


築80年で現役!?巨大な木製鉄道橋 Goat Canyon Trestle [スポット]


沖縄の廃テーマパーク「メキシコサボテン公園」 [スポット]


グーグルマップでサンタを追跡 NORAD Santa Tracker [マップ]


栃木県 ハートマークの遊水地の黒い秘密 [スポット]


全国スキー場 [マップ]


イヌイットのツンドラ・雪原に輝く三日月湖 [スポット]


福岡の超有名心霊スポット 犬鳴峠 [スポット]


雪国に残る最後の多層民家 山形県「田麦俣」集落 [スポット]


ルーマニアの農場に着陸しているUFOの正体 [スポット]


まだ食べてない天下一品ラーメン [マップ]



モーリタニアの海岸に放置された日本製の幽霊船 [スポット]



大きな地図で見る

 

アフリカ北西部、モーリタニア・イスラム共和国、ヌアディブー海岸のブラン岬先端に座礁している大型の船舶。

船の周囲に複数確認できる投稿写真の1枚に、船名が確認できる写真 があり、船尾に「UNITED MALIKA TANGER」と書かれている。

navegando.info で情報を探したところ、リーファー船(冷凍・冷蔵運搬船)の項目に「UNITED MALIKA」の情報があり、株式会社新来島どっく が造船した日本製の冷蔵運搬船で、船籍はモロッコであることが分かる。

 

 

arabicnews.com の記事によると、この船は、2003年8月7日に冷凍魚を積載して付近を航行していたが、原因不明のトラブルによりヌアディブー海岸に乗り上げ、17人の乗組員がモーリタニア海軍によって救出された。

船体は2010年現在も放置され、旅行者による恰好の記念写真撮影スポットとなっている。

 

因みに、この岬の湾内は有料で船を廃棄させている場所があり、数百隻の廃船が波打ち際に捨てられているゴーストシップビーチとして有名。

「UNITED MALIKA」の事故は、「無残に捨てられた船たちが仲間を呼んだのでは?」と言う、都市伝説的な噂が囁かれている。

INDEX » 面白い » 建物・物体 » モーリタニアの海岸に放置された日本製の幽霊船 [スポット]